KAMAKURA sightseeing guide

鎌倉観光案内 

神奈川県内観光の口コミランキングでも人気の街、鎌倉はかつて中世の時代、源頼朝によって鎌倉幕府が築かれました。 今も数多くの神社仏閣が点在しており、鎌倉駅から徒歩圏内で海へ山へと散策しやすい古都鎌倉です。 また、江ノ電やバスで江の島や鎌倉大仏、長谷寺といった市内観光もおすすめです。

Tsurugaokahachimangu
鶴岡八幡宮
view見どころ:
二の鳥居から三の鳥居にかけて桜の木々が春を彩る「段葛」。太鼓橋の彼方本殿を眺める表玄関の三の鳥居。そして、舞殿まで続く表参道の石畳。歩む程に鶴岡八幡宮の雰囲気が高まります。右手には源氏池に浮かぶ旗上弁天社。奥には荘厳かつ落ち着いた白幡神社。柳原神池ではリスと遭遇するかもしれません。舞殿で婚礼を挙げる風景も素敵です。
history 歴史:
1063年、源頼義による奥州平定後、京都は石清水八幡宮の分霊を由比ケ浜辺に祀って鶴岡若宮としたことが始まり。 1180年に源頼朝が鎌倉に入り遷しました。武家政権発祥の伝統を今に伝える流鏑馬などの神事は、頼朝の頃から始められ、現在も行われています。正月初詣には毎年約 250万人もの参拝客が訪れ、源氏ゆかりの神社として三大八幡宮とされています。  
  JR・江ノ電   鎌倉駅東口から徒歩 10分。
鎌倉市雪ノ下2-1-31 

Kamakuragu
鎌倉宮(大塔宮)
view見どころ:
明治天皇の勅命で創建された大塔宮では、護良親王が足利氏に幽閉された土牢や宝物殿が境内があります。参拝客が撫でている「身代りさま」は、親王の身代わりとなった村上彦四郎義光の木像。神苑ではウメ、紫陽花、モミジなど、四季折々の木々や花々に野鳥が飛来する自然に囲まれています。毎秋は鎌倉薪能や七五三セットプランを開催。
history 歴史:
祭神の護良親王は後醍醐天皇の皇子。父と討幕のために建武中興を実現も、後に足利尊氏との対立によって東光寺に幽閉され、建武 2年( 1335年)に尊氏の弟の直義の命で、家来の淵辺義博(ふちべのよしひろ)に殺めらました。武家から天皇中心の社会へ復帰を目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、 1869年、明治天皇が鎌倉宮の造営を命じたのです。
JR・江ノ電   鎌倉駅東口から徒歩 20分、バス 10分。
神奈川県鎌倉市二階堂 154
 

Goryojinjya
御霊神社
view見どころ:
権五郎景政公の命日である 918日に毎年、神奈川県の無形民俗文化財でもある面掛行列という有名な行事が行われます。江ノ電が横切る神社の風景は撮影ポイントとしても有名で、樹齢 350余年のタブの大樹は、かながわ名木 100選として見事な貫禄を携えています。梅雨時に咲く紫陽花の種類も見事です。
history 歴史:
鎌倉始祖の鎌倉権五郎景政を祀った神社です。鎌倉権五郎景政公は 16歳で出陣した勇敢な
武将として源義家のもとで活躍しました。鎌倉・江の島七福神の福禄寿を祀っています。
江ノ電   長谷駅から徒歩 7
神奈川県鎌倉市坂ノ下 4-9 

Egaratenjinsha
荏柄天神社
view見どころ:
朱色の本殿の左右には紅白の梅木が印象的です。毎年1月25日に筆供養が行われます。カッパ筆塚(清水崑絵、川端康成筆や絵筆塚(現代漫画家のカッパの絵)があります。尾崎迷堂句碑や大イチョウも有名。学業成就や資格受験合格を願う絵馬がたくさん飾られています。
history 歴史:
京都の北野天満宮や福岡の太宰府天満宮とともに日本三古天神の一つに数えられています。学問の神様、菅原道真公がご祭神で、 1104年、この神意を尊び里人がこの地に社殿を建てたと伝えられています。
JR鎌倉駅東口から徒歩 30分。
鎌倉市二階堂 74 

Kuzuharaokajinja
葛原岡神社
view見どころ:
源氏山公園の中に佇む、鎌倉の大自然に囲まれた神社。浄智寺脇から葛原岡神社を抜け源氏山公園へ、約 30分の葛原岡ハイキングコースと長谷から鎌倉大仏まで約 1時間の大仏ハイキングコースはいかが?観光客がこもれび広場で休憩しています。南は海、西には富士山が眺められる場所も。四季を通して桜やアジサイ、紅葉を楽しめます。
history 歴史:
後醍醐天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基卿をお祀りする神社です。明治天皇は俊基卿が関わった建武の中興を、明治維新の先駆けとして、この源氏山に俊基卿を御祭神として神社を創建されました。開運の神様や学問の神様として、また、鎌倉由比ガ浜の総鎮守として崇敬されています。
JR鎌倉駅  西口 銭洗弁財天ルート ~徒歩 35
北鎌倉駅  葛原岡ハイキングコース ~徒歩 30
神奈川県鎌倉市梶原 5-9-1 

Sasukeinarijinja
佐助稲荷神社
view見どころ:
幾重にも連なる鳥居はまるで朱色のトンネルのようで、京都伏見稲荷大社の分社らしい雰囲気を持ち備えています。「隠れ里」と呼ばれていた鎌倉時代さながら、今も静寂な自然環境に囲まれています。源頼朝が挙兵のきっかけを得て、武家政権を築き上げたことから出世稲荷としても有名です。
history 歴史
源頼朝が伊豆に配流されていた頃、夢に老翁が現れ「平家討伐の挙兵は今だ」とのお告げがあり、出世の御礼に創建されたといわれています。佐助稲荷の「佐助」とは、頼朝が幼少期が「佐殿」と呼ばれていたため、その佐殿を助けた神様ということから佐助稲荷と名付けられました。  
JR.江ノ電 鎌倉駅西口 ~徒歩 25
鎌倉市佐助2-22-12 

Ugafukujinja (Zeniaraibenten )
宇賀福神社(銭洗弁天)
view 見どころ:
源氏山の中腹にある隊道(トンネル)を通って境内へ。本社で参拝した後は、お線香とザルのセットをいただいて洞窟のような奥宮でお金を洗って金運を願いましょう。七福神社で商売繁盛のご祈願もおすすめ。上之水神、下之水神の脇には滝が流れ落ち、鯉や金魚が泳いでいます。特に巳の日は賑わいますが、通行止めになりますので観光客のマイカー進入は注意。  
history 歴史:
源頼朝が巳の年( 1185年)、巳の月、巳の刻に見た夢のお告げに従って宇賀福様を祀ったことが始まりとされています。時代は下って同じ巳の年( 1257年)に鎌倉幕府第 5代執権「北条時頼」が、ここで湧く霊水(鎌倉五名水のひとつ)で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗信仰の始まりです。やがて「霊水でお金を洗えば増える」という今日の信仰になっていきました。  
 JR・江ノ電  鎌倉駅西口か ~徒歩 25
鎌倉市佐助2-25-16

Enoshimajinja
江島神社
view見どころ:
江の島へは 1964年の東京オリンピックでヨット競技のために造られた弁天橋を通ります。青銅の鳥居と呼ばれる仲見世通りは、おみやげ店が軒を連ねて賑わっています。朱の鳥居から石段を上って通るのは瑞心門(ずいしんもん)。その壁や天井には唐獅子や牡丹の絵画も。上りに便利な有料エスカレーター、エスカーがあります。(大人 360円、小人 180円)奥津宮から歩いて 10分ほどで岩屋(いわや)と呼ばれる洞窟に到着。多くの高僧や武将が訪れて、武運や健康、平和を願い、江戸時代からの観光名所となりました。
history 歴史:
日本三大弁財天の一つである江島神社は、北に「辺津宮」、 中央に「中津宮」、西に「奥津宮」の 三社からなる御社です。 古くは江島明神(えのしまみょうじん)と呼ばれ、仏教との習合により弁財天女は江島弁財天として信仰され、 海の神や水の神の他、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として仰がれています。福岡の宗像大社や、広島の厳島神社と御同神。
小田急線 片瀬江ノ島駅
江ノ島電鉄 江ノ島駅
湘南モノレール 湘南江の島駅 ~徒歩約 20分 

Moritodaimyoujin
森戸大明神
view見どころ:
相模湾に富士山や江島、龍神宮を臨む、葉山随一を誇る景勝地である森戸神社には観光名所が随所にあります。森戸海岸で千貫松や飛柏槙(ビビャクシン)。石原裕次郎記念碑。対岸側には七瀬祓の霊所の名残でもある、みそぎ橋など。恋愛成就に安産・子宝祈願から婚礼などで多くの人が訪れています。
history 歴史:
平治の乱に敗れ伊豆に流された源頼朝公 が旗挙げに成功し天下を治め ると、信仰する三嶋明神の御分霊 のため、鎌倉に ほど近い葉山 を聖地 としました。歴代将軍ら はこの地を訪れ、流鏑馬、笠懸、相撲などの武事を行ったと「吾妻鏡」に 伝えられています。さらに、北条 ・足利 両氏の崇敬も篤く、 江戸時代には徳川家康公より社領七石が寄進されました。現在も葉山の総鎮守として多くの参拝者が訪れています。
JR逗子駅 京急新逗子 ~バス 15
神奈川県三浦郡葉山町堀内 1025

Tomiokahachimangu
富岡八幡宮
view 見どころ:
毎年 7月に実施される、 800年以上の伝統をもつ「祇園舟」(市無形民俗文化財)の神事。年 2回の「卯陪従(うべえじゅう)」という湯立て神楽で有名です。ハマのエビス様として商売繁盛、海上安全のご利益があります。手前に広がる富岡八幡宮公園は緑に囲まれて開放的です。
history歴史:源頼朝公が摂津西宮の恵比寿様をお祀りしたのが始 まり。鎌倉から鬼門の方角に当たる海に面した小山 に社 は鬼門を向いており 鎌倉幕府の厄災防除の神としても祀られ ました。江戸時代には大津波から 地域を守った事から『波除八幡(なみよけはちまん)』とも称ばれて広く信仰を集め 、深川の富岡八幡宮へ御分霊され ました。7月と9月 の例祭には、鎌倉時代より八百年以上も継承されている祇園舟 や卯倍従(湯立神楽)など があります。
神奈川県横浜市金沢区富岡東 4-5-41
京浜急行 京急富岡駅 徒歩8分
 シーサイドライン並木北駅 ~徒歩 10

Yokohamasuitengu
横浜水天宮
view見どころ:
安産・子育ての守護神である横浜水天宮の境内では、母が子に乳を与える愛らしい姿が珍しい狛犬の親子があり、撫でる事 で心が落ち着き安産 を導き、母乳の出 を良く するご利益があると言われています。お宮が横浜中心地区より程近く、利便性もあることから安産祈願やお宮詣りの参拝客で賑わっています。
history 歴史:
横浜が 度々水害に悩まされ た吉田新田開発のころ、貞亨年間に筑後国久留米より現在の横浜長者町あたりに水天宮の御分霊を勧請奉斎し、水害の守護神として尊崇されました。   明治時代に入り、河野与七がこの地の開拓で旧体を発見 。社殿を建立して再興し、安産・子育ての守護神として関東一円より信仰を集めました。平成10年、土地の氏神「旧太田村総鎮守杉山神社」に合祀、水天宮として新たに奉斎されました。
横浜市南区南太田 2-7-29
京浜急行南太田駅 ~徒歩 10

Nagayatenmangu
永谷天満宮
view見どころ:
鳥居からすぐに分かるのは、手水舎前に佇む、どっしりとした「神牛像」。この神牛に願いを込めて撫でている参拝者の姿があります。春は天神様の由来もある梅、桜、梅雨時の紫陽花、秋の紅葉など。お宮の背後に構える天神山では、四季折々の自然が彩ります。  
history 歴史:
御祭神である、菅原道真朝臣命(すがわらのみちざねあそんのみこと)は 、大宰府に着任した翌年、ご自身の姿を三躰の木像に彫刻しました。五男淳茂公が、播磨国(兵庫県)に配流後 、関東に下向し永谷郷の下の坊に居館を構えて、道真公自刻の御尊像を奉祀して朝夕崇拝したことが、永谷天満宮のはじまりであると伝えられています。五百余年の歳月を経て現在では正月は初詣、春先には学業成就や合格祈願、秋には七五三祝で賑わっています。
 横浜市港南区上永谷5 --
横浜市営地下鉄上永谷駅 ~徒歩5分

Hasedera
長谷寺(長谷観音)
view見どころ:
長谷寺では、梅、桜、牡丹、花菖蒲、紫陽花、さるすべりなどの木々や花々が四季を彩ります。毎年恒例の紫陽花の散策道や紅葉のライトアップが人気です。弁天窟(弁天堂)は、弘法大師が修行した場所で 8本腕の弁財天は弘法大師の作といわれています。展望台からは由比ケ浜、逗子、葉山、太平洋である相模湾が一望できます。
history 歴史:
天平時代の 736年、奈良の長谷寺の徳道上人を招いての開山と伝承されており、本尊の十一面観音は奈良の長谷寺と同じ楠の大木から造られたと伝えられています。十一面観音は創建当初のものではありませんが、日本の歴史上の権力者(足利尊氏、足利義満、北条氏康、徳川家康)が伽藍、堂塔、諸像などの修造を行っており、 1200年以上の歴史を持つ長谷寺の重要性を知ることができます。
鎌倉市長谷 3丁目 11-2
江ノ電  長谷駅 ~徒歩 5 

Meigetsuin
明月院
view見どころ:
昭和時代から始まった「紫陽花」の植栽。毎年 6月頃には多くの観光客が訪れ、「あじさい寺」とも呼ばれます。四季折々の木々や花々も楽しめて、もみじが紅葉する頃の散策も人気。本堂の円窓から眺める奥庭園も有名です。  
history 歴史:
平安時代後期の 1159年、「平治の乱」で源義朝に従って京都六条河原で討死にした首藤俊通の菩提を弔うために、子息の山ノ内経俊が「明月庵」を建立。首藤俊通は鎌倉の山ノ内を本拠地でした。 1256年、鎌倉幕府第 5代執権「北条時頼」が明月院を含む一帯に最明寺を建立。その子の第 8代執権「北条時宗」が最明寺を前身として禅興寺を創建(明月庵は禅興寺の塔頭となる)。室町時代の 1380年、上杉憲方(関東管領)が禅興寺を拡大し、「明月庵」を「明月院」と改めました。室町幕府第 3代将軍「足利義満」の時、禅興寺は関東十刹の一位とされました。明治時代に禅興寺は廃寺。禅興寺の塔頭だった明月院だけを残し現在に至ります。  
鎌倉市山ノ内 189
JR横須賀線  北鎌倉駅 ~徒歩 10
 

Kenchoji
建長寺
view見どころ:
江戸時代 1775年建立の大きな三門は迫力ある存在感。三門下に安置されている「おびんずるさま」は、身体の悪い所を交互に撫でると治るといわれています。創建当初から残る「梵鐘」は、円覚寺、常楽寺と並び「鎌倉三名鐘」。  「けんちん汁」とは建長寺の由来です。  
history 歴史:
建長寺は日本で最初の禅寺として 1253年、鎌倉幕府第 5代執権北条時頼により創建。寺格は鎌倉五山一位。本尊が地蔵菩薩なのは、かつて処刑場で地蔵菩薩を本尊とする心平寺という寺が建っていた縁によるものです。建長寺の創建当初は七堂伽藍に四十九の塔頭が建ち並ぶ大寺院だったといわれています。その後、火災天災に幾度か見舞われ多くを失い、江戸時代に再建され現在に至ります。
鎌倉市山ノ内 8
横須賀線  北鎌倉駅 ~徒歩 20

Houkokuji
報国寺
view 見どころ:
1000本もの境内の孟宗竹が広がり、その竹林の美しさで有名です。本堂に川端康成による「山の音」執筆時の机が残されており、四季の花々が咲く庭園や鐘楼も印象的です。静謐な竹林で一服できる休耕庵の抹茶は格別のひとときです。休耕庵の抹茶と落雁は 500円。  
history 歴史:
報国寺の開基「足利家時」( 1260-1284)は、室町幕府初代将軍「足利尊氏」( 1305-1358)の祖父。別伝では開基は上杉重兼ともいわれており、家時と親しかった重兼が若くして亡くなった家時の菩提を弔いました。足利家、上杉家の菩提寺として代々と栄えました。 1438年(永亭 10年)に「永亭の乱」で鎌倉公方「足利持氏」と関東管領「上杉憲実」の対立で、室町幕府第 6代将軍「足利義教」が持氏討伐を命じた事件が起き、この乱で敗れた持氏の嫡子義久が報国寺で自刃しました。
鎌倉市浄明寺 2丁目 7-4
JR横須賀線 鎌倉駅 ~徒歩 30分、バス 20分 

Myouhonji
妙本寺
view見どころ:
妙本寺は鎌倉最大級の木造建築であり、日蓮宗最古の寺院です。日蓮宗寺院のなかでは身延山久遠寺、池上本門寺とならぶ最古の寺となります。境内の日蓮聖人鎌倉開教聖地の碑や、本尊の十界大曼荼羅御本尊など。境内を囲む自然もとても豊かで、花では 4月のサクラ、カイドウに、 7月のノウゼンカズラが有名。
 history 歴史:
建仁3年( 1203)、比企の乱で比企一族が、北条氏を中心とする大軍に攻められ、滅ぼされた地でもあり、文応元年( 1260)、京都にいて生き延びた能員の末子・比企大学三郎能本(よしもと)が、一族の菩薩を弔う為にお堂を建てたことが始まりです。
鎌倉市大町1-15-1
JR横須賀線 鎌倉駅東口 徒歩 10

Kaizouji
海蔵寺
view見どころ:
庭園の花々が四季を伝えてくれます。薬師堂裏の岩窟内には 16個の穴を持つ「十六の井」の湧き水があり、観音菩薩像と弘法大師が祀られています。浄智寺から江戸時代に移築された仏殿には日光菩薩と月光菩薩が祀られています。  
history 歴史:
1253年、宗尊親王の命で藤原仲能により創建。鎌倉幕府滅亡時に焼失後、 1394年、心昭空外を開山、上杉氏定の開基で室町時代に再興されました。  
鎌倉市扇ガ谷 4丁目 18-8
JR横須賀線 鎌倉駅から徒歩 25

Jyufukuji
寿福寺
view見どころ:
総門から中門まで伸びやかに続く石畳の参道。苔むす青々とした緑に囲まれて、しっとりと落ち着いた風情が漂っています。境内裏のやぐらに北条政子や源実朝の墓とされる五輪塔があります。
history 歴史:
鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」が没した翌年、 1200年に妻の北条政子が創建。ここは頼朝の父・義朝の邸があった源氏父祖伝来の地。当初は幕府の館をこの地に配置する案もあったそうです。創建当初は七堂伽藍を擁した大寺院として栄えました。開山の栄西は宋から日本に初めてお茶の種を持ち帰った人物としても知られています。
鎌倉市扇ガ谷 1丁目 17-7
JR横須賀線 鎌倉駅から徒歩 15

Kotokuin (kamakura daibutsu )
高徳院(鎌倉大仏)
view見どころ:
鎌倉大仏の右頬の一部に、当初の金箔が僅かに確認できます。鎌倉大仏の胎内に(拝観料: 20円)入ることができます。創建当初の大仏殿の礎石を残しています。
history 歴史:
鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」では、鎌倉大仏の鋳造が 1252年とされており、鎌倉時代に完成したとされています。当初の鎌倉大仏は金箔で覆われ、大仏殿の中に安置されていました。 1498年、明応地震による津波により大仏殿は津波に流されて露座の姿となりました。大きさは異なるも奈良の大仏同様に昔から親しまれている存在です。
鎌倉市長谷 4丁目 2-28
江ノ電・長谷駅から徒歩 10